憂いがあっても目の前のことを楽しむ、がテーマ。

 

前記事の「言い返したい!」衝動の取り扱い方について

コメントありがとうございます。

コツを知りたいなんてうれしいことを書いてくださったので

真に受けて、調子に乗って

わたしなりのコツを書かせていただきやす。

 

 

憂いがあっても

目の前のことを楽しむ。

 

 

これ、わたしのテーマなんですす。

人生最大のテーマといってもいいかもしれません。

 

 

そう思うようになったのには

長い歴史があるんですよ。

わたしの育った家は、家族みんなが

ひとつのことで頭がいっぱいになる傾向がありました。

 

 

家族のだれかの体やこころの不調(検査結果への不安も含めて)

親戚との人間関係、祖母の介護の問題・・・などなど。

ま、なにがしか気になることや悩みはありますよね。

つねに幸せいっぱいのファミリーなんていませんもんね。

 

 

特に、このブログにも登場するひとまわり上の姉は、

ちょっとでも「気がかり」があると

その問題が解決するまで、他のことに手がつかないところがあったんです。

仕事も「課題をやり終えるまで落ち着けない」ので

几帳面な仕事ぶりにつながったと思いますが、

傍から見ていて「これはきついな」と思いました。

何となく機嫌が悪いから「いやだな」とも思っていました。それに

 

 

気がかりが短時間で解決すればいいけど、

片付かない場合もあるだろう。

長い闘病や、時間のかかる問題や人間関係など、

そのときは、どうしたらいいのかな。

 

 

とずっと思っていました。

 

 

ところが、わたしも親元を離れると

何かあるとそのことで頭がいっぱいになる。

言い返したくなる。解決したくなる。

白黒つけたくなる。そんなことが度々あったんです。

 

 

で。観察をはじめました。

自分をです。

そのとき自分のこころのなかで

どんなことが起きているのか、

類型化して整理するようになったんです。


 

 

先日の「展覧会中に受けた言い返したくなる仕事のメール」の場合も、

「あ、来たな。おなじみのシチュエーション!」と思いました。

 


 

憂い(言い返したいという気持ち)がありながらも

目の前のこと(展覧会)を楽しめるだろうか、わたし。


 

と「自分観察」に問題をすりかえたのです。

「おっとー。青銅鏡は目に入ってきません。

頭がいっぱいですから」と実況中継をする感じです。

(ほんと目に入らなかったなあ)

細かい資料はすっ飛ばすことにしました。

感動できそうな仏像に絞って見る方針に切り替えもしました。

 

 

もちろん、すりかえても

「あー。腹立つ。こう言おう」とか

「ここは、こう言うと正論だと思ってもらえるな」とか

いろいろ頭にはよぎりますよ。

 

 

それはそれでいいんです。

 

 

でも展覧会も見ているので

「ああ。このお寺は行きにくいところだから

ここで見れてよかった」とか、

そういうこともよぎっています。

 

 

いわば「デュアルよぎり状態」ですが

やや展覧会系よぎりを優勢にもちこめていると
オーケーとする。

 

 

そうやって自分観察していると

「言い返したいこと」より

やや解決に近づくアイデアや言い回しが

ふと浮かんでくる瞬間があります。

これ、ちょっと不思議なんですが、よくあります。

今回は帰りの電車のなかで

ふと、がきました。

 

 

人って「解決してくれる人」が好きなんですよね。

仕事のミーティングでも、いつも思います。

ミーティングって停滞がつきものだから、

「問題の正確な把握」と「解決」がもたらされると、

それが、どんなに小さなものでも

心をぱっと晴れやかに

スッキリさせてくれるんです。

 

 

わたし、「解決する人」として

仕事では貢献したいんですよ。

問題を「感情」で受けて曖昧にして停滞させることはしたくないんです。

フリーでやっているし、

そこは肝の部分なんですね。

年も年だし。わたしなりの付加価値作戦(笑)。

 

 

・・・なんて言っているけど

「憂い」が小さいから

こんなノンキなことが言えているんでしょう。

 

 


ただ、規模の小さい憂いなら
「あ。来たな、このシチュエーション」と
観察モードに入るだけで
ずいぶんと落ち着きます。
「さあ、このまま別のことを楽しめるかな。
別のことに集中できるかな」と
問題を設定しなおすことで
激昂とか、激情とか、視野狭窄とかを少しは防げるんじゃないかなあと
思ってやってます。


いまのところ、かなり効果的ですよ。




★今日の「どうする?オバフォー」も内容充実です!イラストによるコーディネートが人気の「ワクワクしたら着てみよう」「今日のオバ専」
そして「20年前の自分に言ってやりたいことは?」などなど。コメント欄でご参加ください♪

ウェブマガジン「どうする?Over40」のメルマガ配信しました。購読無料&解除も簡単です。最新号のテーマは、
山村紅葉、安藤美姫、夏目三久、小保方晴子・・・最近、気になる女性はダレ?!


【関連記事】これもわりに気をつけていることです♪
感情の「ひとつ手前」に伝えるべきことはあるのかも。

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク



コメント

はじめまして

1,2年前からカリーナさんのブログを愛読しています。
いつも文章上手だし面白いなあと感心して読んでいます。
もちろんプロの書き手さんだから当然なのでしょうけど、それでも
読んでて言い回しが楽しいなあ♪カリーナさんっておしゃべりしてもこんな楽しい方なのかなあなんて想像しています。

今回のコツの話の流れで、カリーナさんみたいな表現力を身に着けるコツがあれば、またいつでもいいので機会があれば書いて欲しいです!毎日、いい表現に出会えばメモするとか?やっぱり読書でしょうか?表現力って人を引き付けるコツにもつながると思うんです。
気が向いた時で構いませんので、教えて頂けるととっても嬉しいです。

  • 2014/05/09 (Fri) 16:23
  • 旅の空 #-
  • URL

いいこと聞きました~。ありがとうございます!コテイレで読んで以来重宝している、「立体的なストールの巻き方」に続いて私の人生の基礎力をアップする情報をありがとうございます!
出来そう。これなら出来そう。

  • 2014/05/10 (Sat) 18:03
  • サッチン #-
  • URL

憂いがあっても目の前のことを楽しむ。いい言葉ですねー。憂いがない日なんてある程度年数生きてる私みたいなのは年に数日しかありませんからね。自分の体調悪い日もおおいし。でもそんななかでもとりあえずなにかできる楽しむことを考える。ほんとに大事なことだと思います。

  • 2014/05/11 (Sun) 06:04
  • iceberg #-
  • URL

いいですね〜♪♪
私はお姑さんと同居をしているので、大きな憂い、小さな憂い、日々いっぱ〜〜いあります。
即言い返したくなるけれど、感情のまま言い返したところでスッキリするどころかイヤな思いが残るばかり...
で、そんな時は自分の楽しみの方に目を向けることにしています。

最近は自分の身体も万全とは言えなくなって、これから先もっともっと憂いが増えるかもしれないけれど、
「憂いがあっても目の前のことを楽しむ。」
カリーナさんのこの言葉を思い出して、残りの人生を楽しく生きたいと思いま〜す(*^o^*)

  • 2014/05/11 (Sun) 10:17
  • Tomi* #w7E8CPEA
  • URL

私の実家もそういう傾向があり、しかも「憂いがあるのに楽しむなんて」という自粛ムードに陥る傾向がありました。
でも、それは違いますよね。人生は短いし、憂いは絶えないし、そんなことでは何もできず、何も楽しめず、人生が終わってしまいます。憂いを抱えながらも、心のチャンネルを切り替えて今ここでできることをする、楽しめることを楽しむ、そう心がけていきたいと改めて思いました。

  • 2014/05/11 (Sun) 11:58
  • Tompei #4uAjNfEA
  • URL

 もう一人の自分、として、感情から少し距離を置いて自分を観察。
 私も時々やってます。どうしようもないときややり場のない思いはネタにするに限ります(笑)。
 そして、色々あがいて頑張った後は…そんな自分に”お疲れさん”ってつぶやいてます。

 誰かに完全に理解してもらうことなど不可能で、でも実は自分が一番自分を理解できる(自分に関する情報の100パーセントを持ってる)ので…誰かに認めてもらうより、”自分は自分が全力を尽くしたことを知ってる”って思うようになったら少し楽になりました。

 仕事も、自分を捨てて、全体に必要なことをするのだと思ったら…たとえ嫌われてしまうとしても必要なことが出来るようになりました。
 そして、こんな自分の方が理解し共感し助けてくれる人が増えたようにも思います。

 大人になる、って悪くないですよね。最近そう思います。

  • 2014/05/13 (Tue) 17:43
  • えびちゃん #-
  • URL
★えびちゃんさん

ああ、いいですね~!

>こんな自分の方が理解し共感し助けてくれる人が増えたようにも思います。

書かれているところに
ひとつひとつ手ごたえを感じながら
自分を育んでこられたことを感じました。
わたしも一歩ずつ自分を柔らかく、謙虚にしていきたいです。
コメントありがとうございました!

  • 2014/05/15 (Thu) 22:37
  • Carina #-
  • URL
★旅の空さん

はじめまして。
読んでいただいているうえに褒めていただいて恐縮です。
そうなんです。わたし、普段のおしゃべりもこんな感じなんです(笑)

文章として上手かどうかは特に最近は考えていなくて
「話すように」書いています。
あと「えー、そんなことも知らないの」と言うようなことを
むしろ積極的に書くようにしています。

「言葉にするちょっと前」
「解決するちょっと手前」
「あきらめるちょっと手前」を
大事にしたいんですよね。
そこらへんの微細な違いって
見えなくなりがちだけど、
何らかの質感や、手触りの違いになると思うんです。

  • 2014/05/15 (Thu) 22:50
  • Carina #-
  • URL
★サッチンさん

ははは!サッチンさん、ありがとうございます!
あの新聞から引っ張ってきたストール巻き方情報(イラスト付)ですね。
喜んでいただけたなら、また探そうという気になります!

この記事もささいなことですが
役に立てたらすっごい幸せです!


  • 2014/05/15 (Thu) 22:52
  • Carina #-
  • URL
★iceberg さん

コメントありがとうございます!
ほんとにそうですよね。わたしも日々感じるようになりました。
これから老いていくなかで
憂いも増えていくでしょうし、
より一層目の前のことを大切にしたいですよね。
ともにゆっくりまいりましょうね。

  • 2014/05/15 (Thu) 22:53
  • Carina #-
  • URL
★Tomi* さん

ご自身の日常をそんなふうにサラリと言えるTomi* さんは素敵です。
でも、おしゃれな佇まいからは、そんなTomi* さんの日常は見えないですもんね。
だから、きっとみんな、「憂いはある」んですよねー。

わたしもTomi* さんのことをたびたび思いながら(いや、ほんとに)
自分キャラ化を課題に毎日を楽しみます!

  • 2014/05/15 (Thu) 22:55
  • Carina #-
  • URL
★Tompei さん

そうそう、そうなんです。
自粛ムードになっちゃうんです。

でも、違いますよね。
目の前の楽しいことを楽しんだ方が
「憂い」を解決する方法も見つかる場合があるし。

心のチャンネルを切り替える。
ほんとだ、いい言葉。。
わたしも、そのフレーズいただきました!

  • 2014/05/15 (Thu) 22:59
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する