「過去と現在のダブル&トリプル体験」という切なさ含みの妙味。


いくつぐらいからかわからないけど、
「過去と現在のダブル体験」をするようになったなあと思います。
ときには、「過去と現在と未来のトリプル体験」になるときもある。


えっとね。どういうことかというと、
ある場所を訪ねたときなんかに、
「若いときだったらこんな感じかな」という思いと
「いま現在の感覚」を行き来するような感じ。
それが「ダブル体験」。
これなんか、もう、しょちゅうですよ。
観光なんかしちゃうとね、もう。


「トリプル」になると
そこに「これからはどうなるのかな」とか
「今度はいつ会えるのかな」とか
そういう「再び」の可能性を探る思いも含まれる。
何十年ぶりに幼なじみと会ったりすると
トリプルになるな。
なんか、ちょっと切ないの。


こんなふうに
過去・現在・未来を行き来することで
体験がより豊かに、趣き深くなる面もあるし、
現在という一瞬への熱狂度が低くなるという面もある。


昨日、夫婦で法隆寺に行ったんですよ。
もう、まさしく過去と現在の「ダブル体験」ですよ。
デートでなく、子連れレジャーでなく、
高齢者夫婦というほどじゃないけど、
そっちに近い熟年夫婦の神社仏閣めぐり。
楽しいような、淋しいような。


horyuji.jpg



しみじみするしかないじゃないの。



しかも、法隆寺周辺が
トップ・オブ・ザ・世界遺産、
国内世界遺産界のスーパースターというのに、
拍子抜けするほど、ひなびている。

そうか、スーパースター法隆寺は、
スターらしからぬ
地味な日常を過ごしておられるのだな。

なんだか、いろんな意味で深いぞ。


horyuji2.jpg
↑西院伽藍の回廊の美しさ


今回、生まれてはじめて
観光ボランティアの方に案内をお願いしたのですよ。


ガイドさん(60代ぐらいの男性)が
いい人で、おもしろかった。


「玉虫の厨子」の前では、
「ほとんどのところが汚れて玉虫の輝きは見られませんが
一か所、輝くところがあるんですよ。お見せしましょう」
と言うや否や、
ミニ懐中電灯の光をピンポイントで厨子にスパッと当てる。
すると、そこに玉虫の輝く羽根の光がキラリ!!


とか、


「橘夫人念持仏厨子」というものがあるんですが、
その阿弥陀三尊像の下に広がる「蓮池」の様子を見るために
「はい、後ろを向いて。鏡を顔の前に当て角度を少し変えて~」
言われる通りにすると
蓮池の彫刻がくっきり見える!
(フツーに見ると高いところにあるから見えない)


とか。


法隆寺がいかに
ハイテクで
アカデミックで
周囲の度肝を抜く存在だったかを
うれしそうに語ってくれるから、
もう、ドキドキしました。
脳内コンピュータグラフィクスが立ち上がりましたよ。


法隆寺、カッコイイ。
観光ボランティアさん、素敵。


途中、簡素な休憩所があるんですけどね。
自動販売機の冷たい飲み物は
ことごとく「売切」で
無料で飲めるお茶サーバーのお茶は、
やけどするほど熱かったです。


参道の喫茶店で食べた
「昔ながらのかき氷」は、
ちゃんと昔ながらだったし、
テーブルの上には
「100円の占い」も置かれていたし、
「昭和の保存」という観点からも遺産度高し。


奈良、もっと歩きたい。



それにしても
過去・現在・未来を切なさ含みで行き来するので
「ああ!!この一瞬をつかまえなければ!」と
前のめりな「幸せダイブ感」が生まれるのも
この年ごろの特長ですな。





★ウェブマガジン「どうすr?Over40」もどうぞ♪まとめ読みへのリンクが最新記事に→


【関連記事】去年の今ごろは、こんなことを書いていました。
「あきらめない」はオールマイティな力だ。


★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

関連記事

スポンサーリンク



コメント

奇遇ですが

カリーナさん、この記事読んでびっくりしました。
なぜなら私も15日に法隆寺に行っていたのです。
夫婦でこのお盆休みは奈良旅行に出向きました。
ほぼ修学旅行以来と言っても過言でない奈良ですが
連れ合いの希望でこの日は法隆寺、お昼頃から散策しました。

関東の人間には奈良への親近感が今ひとつ・・
交通の便が悪いという印象なんでしょうか、
修学旅行以来という人は私に限らず、多いようです。
17歳前後で出向いた時からほぼざっくり40年近く隔てての
奈良旅行、団体旅行で歩く土地ではないのでしょうね。

私は若いボランティアガイドさんを見かけました、
ガイドさんをお願いすれば良かったな。。

鄙びる

それが哀しいとは思わなくとも、「現在という一瞬への熱狂度」がこれから先に、高まることがあるのかしらと思います。「ほぼ快適な熱量」を求めて模索していくしかないぞ、と。

このごろの賑やかな京都にくらべ、じかんの長さを体現しつつも鄙び放題の奈良は大人っぽいですよねー。深くてアバンギャルドなはずなのに地味過ぎるほど地味。すごく行きたいような行きたくないような。ふふ。

  • 2014/08/17 (Sun) 10:29
  • あ き ら #dI6DO0LA
  • URL

おぉ~法隆寺に来られたのですか!!
私の家は法隆寺から徒歩10分。
昨日も法隆寺をウォーキングしてました。


法隆寺だけでなく奈良全般に言えるのですが
京都に比べたらすごい地味です。
お寺も仏像も周辺も。魅力的なものがたくさんあるのに商業的に生かしきれていない。
それが奈良の魅力なのかなと思います。


私もこの夏法隆寺をボランティアさんに案内してもらいました。
多岐に渡る知識で色んな方面から法隆寺を説明してくださる。
ここを愛されているのが良く分かります。これが無料なんて。法隆寺の財産です。

  • 2014/08/18 (Mon) 06:03
  • midori #-
  • URL
観光地に思ふ

いつも観光地に行くと思うんです。
純粋に「今、ここ」にいたい、と。

でもそれが、わたしにはできないんです。

過去とか未来とか
主観とか客観とか
いろんな画像の調整についつい気を取られてしまって。

そうか!
そういうときこそ
ガイドさんにお願いすればいいんだ!

愛ある説明にひたすら耳を傾けて
はー、とか、ほー、とか、
「今、ここ」に没入すればいいんだ!

それにしても奈良という観光地の朴訥さ。
世界遺産中の世界遺産と
呼ぶべきかも知れませんね。

  • 2014/08/19 (Tue) 22:11
  • wasuregusa #EvmDRqhQ
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する