完璧なフットケアで女子力を上げてみる?

すみずみまで手入れの行き届いた家は、
入った瞬間から空気感が違いますね。

澄み切っている。

清涼な空気が、緊張感とともに
吹き渡っている。

うちのように、

冷蔵庫の裏とか
洗濯機の裏とか
テレビの裏とか

そういった家電の裏という裏に
年代物のホコリをたっぷり蓄えている家とは、
天と地ほども違います。

つまり、あれですかね。

人間においては、
裏社会の方々が独特の存在感を放ちますが、
空間においても、
家電裏のホコリはそれなりの存在感を放つのですかね。

目に見えなくても、
すみずみのホコリは
よほど鈍感でない限り、
感じとれる。

おのおの方、
くれぐれも、すみずみを侮ってはなりませぬぞ。

女性の場合も、
すみずみを侮ってはいけません。


そんなことを言い出すには、
それなりの理由があります。
昨日、娘のサンダル選びに延々とつきあって疲れ果て、
ディスカウント靴屋の椅子に座っていたら
おのずと視線が下がってしまい、
あらゆる女性の足元を観察にする機会を得たのです。

「サンダル2足3000円!安いよ?!」
に加えて
「アディダスのスニーカーが店頭のものに限り2000円!」

というだけあって、

店内は、さまざまな年代の
あまりお金持ちでなさそうな
庶民的な女性たちで
ごった返していました。

かかともペディキュアもそこそこキレイにしている人、
勢い込んでペディキュアをしたものの、今は、はげるに任せている人
そういったこと一切に時間を使う気はありません、という人、
いったいなぜ、そこまで足の爪を伸ばしているのかその意図の見えない人

など

さまざまな女性たちの
足、足、足。
かかと、かかと、かかと。
爪、爪、爪。

いやあ、
中高年のミュールならびにサンダルは
なかなかに難易度が高いですぞ。

カンペキな人はいなかったなあ。

だからこそ、40代以上にして
硬化も変色もしていないスベスベの足の甲と
カンペキに美しく、しっとり潤ったかかとと
センスよく繊細なペディキュアを施していたら、
これはもう、ぶっちぎりで女子力アップ間違いなし!

すみずみの勝利。

ディテールの勝利。

手先や足先の美って、
その人の時間的・精神的余裕と
自己投資への情熱、
オンナとしての現役度など、
実にさまざまなことを、
饒舌に語りますね。


すみずみ、恐るべし。

いやあ、私も、
がんばる気がないわけではありませんが、
ほら、足にも表と裏があるわけで、
となると、
やはり、性格的に、つい、裏方面の手入れが・・・・・

掃除も、ボディケアも
すみずみを極めるって難しいもんです。

「いや、私は、今晩からフットケアに渾身の力を込める」という方は、
こちらなぞを参考にどうぞ。

【関連記事】
おしゃれのベストバランスは?


関連記事

スポンサーリンク



コメント

No title

人を見て、ハッと自分の姿を反省すること多々ありますv-16

ひじ、ひざ、かかとなんて汚い汚い

後で~なんて言ってるから忘れちゃうんだよね~

  • 2009/07/27 (Mon) 16:59
  • purisira #-
  • URL
Re: No title

★purisira様

お久しぶりです(^^)/

私なんか、人の振り見て、ブログにも書いておいて
それでもほったらかしやしv-16

そうそう、あと、ひじね~。
ひじ、忘れてたわあ。

今、ちょっと腕をぐいっとねじって見てみました。
なんとかせねば!あっちも、こっちも。

  • 2009/07/28 (Tue) 07:28
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する