東出昌大氏に学んだ「食の適応性」は最強のコミュニケーション力


土曜日に放送されたNHK BSプレミアムの
「史上最大の謎 チンギス・ハンの墓
~俳優・東出昌大 モンゴルの大地を行く~」。



ご覧になりましたでしょうか。


東出さんが、もう、
青々と柔らかい若葉のような好青年ぶりで
すばらしかったですよ。


番組の大筋は、
モンゴルの大地(悪路)を何日もかけて
新潟大学の白石典之教授率いる日本調査隊の発掘現場まで行く。
たどり着いたら、ひたすらコツコツと掘る。以上。



という大変に地味なものでしたが、
それだけに現場に溶け込んでいる様子が伝わってきて
さわやかでした。
なんといっても東出さんの適応力がすごいです。



髪の毛を3日ぶりにペットボトルの水で洗うところの爽快さとか、
一番年少者だから労働面で張り切ってしまうところとか、
考古学者や現地の人たちへの若者らしい丁寧さとか。



なかでも、適応力が光ったのが食べるシーン。



羊の肉を手に持って
豪快に食いちぎって「おいしい」とうなずいたり、


何の気なしに調理場に入ったら
新鮮な羊の臓物がどっさりと茹でられている鍋をみつけ、
それをひょいとのぞきこんだかと思うと、
肝臓だったかの小片をとりだし、
「あ。これは脂ではさむとおいしいて聞いたな」とか言って
鍋から脂の部分を見つけ出してはさんで食べて、
「いやあ。苦手な人は苦手だと思いますよ(微笑)」とか。



もう、わたしが、調理担当のおばちゃんなら
いっぺんで好きになる!




内臓、鍋ごとあげちゃう!
羊の肉も一番いいところ、とっておいて
あとでこっそり呼んで食べさせちゃう!
異国から来た若い男子が、
こんなふうに鍋から食べてくれるなんて
うれしいに決まっていますよね!
(モンゴルの調理担当の人の肩をたたいたつもり)


料理をふるまった側は、
見ていないふりをしていますが、
必ず、誰が食べて、誰が手をつけないか、
しっかりチェックしているもんですからね。


でね、思ったんですよ。


「食の適応力」って
相手の懐に飛び込むための
最強のコミュニケーション力だな、と。



あちこちでもてはやされている
プレゼンテーション技術とか、
自己アピール力とか、
そういう「言葉だけ」のものより、
「食の適応力」のほうがずっとずっと格上な気がする。



相手の出す食べ物を自分のからだに受け入れて
味わって、おいしいと笑って
お腹のなかで消化してエネルギーにして、
ポカポカしてきて、心もほぐれる。
それこそ、受容じゃん。理解じゃん。


食べ物の細かいことにいちいちこだわらず、
大らかに愛でる、ところもいいなあ。
わたしは、羊も、内臓一式も食べられないけど
そんなふうでありたいよ。


今度、子どもが生まれたら
男女を問わず
「食の適応力」の高い子に育てる!
ただし、来世。





★フェイスブックにも、お知らせにプラスしていろいろ書いています。⇒

★今日はこちらにも書いています。→親を「自然に老いさせてあげる」のは難しいよね、という問題。

★ビューティ&ファッション連載「今日のこていれ 第二弾」を来年早々スタートしようと準備をしています!
 こちらの記事に「こんなことを知りたい!」などをお書きください。気軽にどうぞ!

【関連記事】関連はビミョーですが、食べ物つながりで(笑
「ミルフィーユかつ」に学ぶ、「薄い」情熱の使い方

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもやってます!感想など、こちらからもどうぞ。レス、早いです!
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク



コメント

へぇ、東出さんて、そういうお方なんですか。
顔と名前は一致はしますが、ドラマなどを見たことは
ありません。
が、インテリで線が細いような先入観があるんです。
お名前を見るとつい「東大出」を連想してしまうから(笑)。
……つまらないことを失礼しました。

「食の適応力」は高いほうが望ましいです!
私も内臓系はダメだし、香草系も得意ではなく、
あまり偉そうなことは言えませんが、
鶏肉が食べられないとか、魚は苦手とか言う人と
一緒に食事すると、何だかがっかりします。
「どこどこのお店のほうが美味しかった」と
グルメを気取って、目の前の物をけなす人も嫌です。
いま食べている物を「まずい」と言ってしまう人は
どうも好きになれません。
食行動って、人となりと関係がありそうな気がします。

  • 2014/12/01 (Mon) 20:56
  • Tompei #4uAjNfEA
  • URL

東出さんってテレビで拝見するととても自然体ですよね。
「チンギスハンの謎~」番組の存在を知らず見逃しましたが、見たかった
な~。NHK再放送してくれないかしら~。

食の適応力が高い人はあらゆる適応力が高いと、わたしも思います。
こちらが作ったり用意した食べ物を、いっしょに美味しい、美味しいと
食べてくれる人とはすぐに「仲間」って気になりますもの!

ところが残念ながら、この食の適応力というのは、生まれ持った才能に
思えます。わたしにはこどもがふたりいるのですが、片やなんでも食べる
子ですし、片や偏食で、食べたことのないものに対する警戒心が人一倍
強いんですよね。少なくとも食育は同じようにしてきたのにこうなので、
人が「食の適応力」を持っているかどうかは、天の配剤ではないかと。

こどもでも大人でも、よそのお母さん(あるいは奥さん)が作ったごはん
は食べられないという神経質なかたもいるようですよ.....。お店のなら
大丈夫なんだそうです。

  • 2014/12/02 (Tue) 14:05
  • ひろりん #5hiDeiqo
  • URL

カリーナさん、こんにちは
ウチの家族は、割と何でも食べる方ですよ~。

よく食べる娘の幼馴染に、
そうとう好き嫌いのある男子がいて・・・
ひどい時は、給食のご飯しか食べなかったくらい。
我儘というより、警戒心が強い。
でも、いつもニコニコ穏やかで自然体、
勉強も運動もできて、
食べ過ぎなウチの子より、よほど病気もしない。
成長した今は、だいぶ好き嫌いは克服したそうです。

私、食べられないのはアレルギーのある蕎麦だけですが
多少は、我慢してきた結果もあるかも。
苦手なものも、ちょっと我慢して食べてたら
慣れたり、好きになったり、
いまだにホントは苦手なのに、出てきたら、とりあえず食べる・・・。
人間関係もそうやって努力、我慢してきたつもりだけど、
結局は今、気の合う人しか残ってないんだな~(笑)

東出さんは、その自然体で多くの人を愛し、愛されそうですね。

  • 2014/12/03 (Wed) 16:44
  • asa #-
  • URL
東出さん

食の適応力が高いとどんな国へも行けますよね〜。
私はこの番組は見てなかったんですが、東出さんの出演された、ボクらの時代を見ました。
とっても素直でおおらかでした。
最後に、「他の二人があまりしゃべらないタイプだと思っていたから自分がいろいろ話すつもりだったけど、話し過ぎた〜。」と後悔されていました。
いい青年ですね!
この感じ、妻夫木くんが似てるかも。
有名人に対しては全部想像やイメージなんですが;^_^A


  • 2014/12/04 (Thu) 10:49
  • 花緒 #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する