「安定感」と「初々しさ」のミックスが最強の武器!


安心感、安定感という意味では、
中年女性は、最強ですね。


病院・福祉施設しかり、
デパート・レストランしかり。


ほどよい肉づきの
ほどよい老化程度の
ほどよい小奇麗さの中年女性がいたら、
「この人にお願いしたい!」と思うなあ。


中年女性の判断や受け答えには、
職業人としのそれだけじゃなくて、
生活者としての知恵や機転が
うまい具合にミックスされていることが多いから。
どの世代よりも、その「融通」に信がおける。


融通って簡単に言うけど、すごいですよ。
「お・も・て・な・し」なんて気どって言うけども、
融通こそ、おもてなし力だもん。
相手の利益を最大化しながら、
こちら側のリスク管理も同時に行う。
なんとも微妙なバランス感覚が必要とされるから。


そう考えると、
わたしたち世代の女性たちは、
「安心感」「安定感」を与える「融通力」を
もっともっとあちこちで自信をもって
アピールするべきなんだろうな。
「融通、ききます!」って。


ただ、これは自分に対しても思うんだけど
安心感と安定感だけだと
やや清新さに欠けるというか、
たまに「所帯じみた感」とかぶることがあるんで
どこかに「初々しさ」を保ったほうがいいんでしょうね。


初々しさって何だと思います?


わたしね、
このところずっと考えていたんですけど、
それってどうも
「発見しようとする姿勢」な気がしているんです。


目の前の景色や
目の前にいる人や
目の前の出来事から
何かを発見して
驚いたり、感動したり、共感しようとする姿勢と
その姿勢を失わない力。


いつも心を動かしている人は、
どこか初々しい。
反対に発見しようとしない人は、
どこか停滞して古びて見える。


2014年も残りわずかですが、
安定感と初々しさを自覚的な武器としつつ
暮らしていくことにします!






★フェイスブックにも、お知らせにプラスしていろいろ書いています。⇒

★ウェブマガジン「どうする?Over40」もどうぞ⇒「ただいま、閉活中」も更新されています。
「いどばた。」は「冬の名曲といえば?」

★ビューティ&ファッション連載「今日のこていれ 第二弾」を来年早々スタートしようと準備をしています!
 こちらの記事に「こんなことを知りたい!」などをお書きください。気軽にどうぞ!

【関連記事】友だちに「いい内容だ」とほめられたな、この記事(^_^)
更年期は、自由へのジャンプ台?

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもやってます!感想など、こちらからもどうぞ。レス、早いです!
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク



コメント

すごくよくわかります\(^o^)/

いつも勉強させてもらってます。

融通!!
私もそんな人になりたいです。
その言葉 思いつかなかったけど、
目指していたのは、まさにそれでした!

時々若い人にクレームつけてる人を見かけますが、
「そんな若い人に言っても、言うだけ無駄なのになー」
「なんでもっとわかってくれそうな人に言わないのかなー」って
他人事ながら思うこと多いです。

私は「初々しさ」はうーんと頑張らないと無理かも。。。
でも、発見は無理でも、「へー、それいいね♪」と
自分の未知のゾーンの話を楽しく聞く事は出来てるかも。
あと一歩、ってとこですかね。
素敵なおばちゃんになりたいです。

  • 2014/12/12 (Fri) 21:05
  • aki #AYRMQa7Y
  • URL
ダメ出し力

安定感と初々しさ。確かに!電通のアンケートで人生で一番幸福だと思うのは何歳くらいか?というので、40前後という結果が出たらしいです。きっと安定感と初々しさのバランスこの辺がとれていそうです。私も調度その年齢ですが、そうかもしれません。子供がいないことで傷ついたり、仕事で上司に叱責されて本当に泣いたり(笑)。まだ安定感満点ではないけど、昔より居直りも早い。安定しなければ辛い。でも楽なばかりじゃ魅了はない。自分にダメ出しするにはパワーが要るんですよねきっと。しかも、年取ってからのダメはダメ度も大きく回復不可能だったりして、真正面から向き合うのが酷だったりして。

  • 2014/12/13 (Sat) 08:37
  • まる #-
  • URL

おはようございます!

初々しさは「瑞々しさ」とも言えますね。
昔雑誌で、どなただったか忘れましたが
「年をとっても若々しく見える人と、そうでない人との差は
『もうだいたい知っていて、何も学ぶことはない』と
思ってしまうかどうかの差」
と、おっしゃっていました。

吉永さゆりさんなんかもうすぐ70歳なのに
いつまでもツヤツヤ生き生きしているのは
そういう感受性が枯れていないんでしょうね。
私もいくつになっても、新鮮な発見とか
感動する感受性を保ち続けたいです。

  • 2014/12/13 (Sat) 08:57
  • アメちゃん #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する