服と自分の関係も「折り合い」か。私の理想は、戦場カメラマン。


自分がなりたい雰囲気やイメージを語るとき、
どうしてもファッション誌風の言葉を使ってしまいますが、
それだけだと理想イメージの全貌を
なかなか伝えられなくないですか。


とくに中年以上になると
モデルさんという「ファッション」純度の高い人との格差が
大きく開いてしまって
「ああ。どんな言葉でも伝えられない!」なんて
ガックリしてしまうこともあるし。


ファッション純度の高いイメージを理想にしたとしても
程度の差こそあれ衰えてきた容姿が
そこはかとなく、にじみでる生活感が
思慮深さと紙一重の底意地の悪さが
これまでの苦労や思考の傾向が
なんかもう、びっくりするほど雄弁に
いろいろと物語ってしまい、
めざした雰囲気を食い破って
エイリアンのごとく体外に出て主張するというか。


・・・って自分のことですけどね。


そういうことをふまえた上で、
わたしが「こうなりたい」と
理想とするのはですね。


テキトーに着ているようだけど
極端にダサくはなく、
それなりに、まあ、そこそこ似合っている服装をして、
でも、心は「自分がどう見えているか」にはなくて
ほかのことに集中している感じ。



です!


あえていうなら、


「戦場カメラマン風」とでもいいますか。


いや、服装そのものが、じゃなくて
「服装」と「自分自身」の距離が。


ザクッと着ていて
自分以外のものに
夢中な感じ。


「自分がどんな印象を与えているか」
「どう見られているか」から
意識が離れている感じ。



それが理想です!
でさ、ブサイクでいいからさ、
生き生きしていたいわーー!!(高望み)


ジャケットとか
バサッと脱いで
土の上に無造作に置いちゃえる感じといいましょうか。
それぐらいの感じで
服とつきあっていきたいな。
(単なる衛生観念の欠如か)


なーーんていいながら、
そんなにアクティブな暮らし、
まったくしていないんですけどね(笑)


ただ、思うのは、
オシャレや服装を語るとき、
「服」と「自分自身」の距離から発想することって
意外に少ないなあということです。


でも、きっと一人ひとり違うよ。
この距離。


服が布団の人、
服が制服の人、
服が皮膚の人、
服が遊び場な人、
服が鎧の人、
服がクジャクの羽根の人、
服がカンバスな人、
服が心地よい愛撫の人・・・とか。


ボンテージや
コスプレなどの
象徴的な例でなくても
一人ひとり、
「服」と「自分自身」の距離というのがあるんだな、きっと。
そして、いろいろだから、いいんだな。


そう考えると
ファッションって、着こなしを超えて
面白い。


服とも仲の良い「関係」や「折り合い」を見つけるのが、
幸せなんだろうなあと思いますよ。





フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。

★小島葉子さんのアドバイスと中島慶子さんのイラストが人気の「今日のこていれ」始まっています!
今回は、快適で素敵な春夏の冷え性ファッションは?

【関連記事】同窓会でも「どう見えるか」を離れて楽しみたいと思います。
同窓会という「セーフティネット」

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

関連記事

スポンサーリンク



コメント

同じだーー
自分が書いたんじゃないか?ってくらい、ピンクの字のとこの
ファッション像が同じです!!
戦場カメラマンてところがCarinaさんだなあ
私にはその発想はないです☆
でも、戦場カメラマンでわかります。

  • 2015/04/16 (Thu) 21:18
  • asa #-
  • URL

自分がどんな服が着たいかより、自分に似合う服装はかなり決まっていて、否応なしにそれを着る感じです、私の場合。
なので服が皮膚みたいな感じですかね。
仕事では、白かベージュか紺のタイトスカートにハイヒール、トップスはシャツかカットソー。以上。季節により上にコートを着るかどうかしか差がない。
服装と私の距離は非常に近くて、快適です。

  • 2015/04/17 (Fri) 07:00
  • まる #-
  • URL
さすが…

Carinaさん、すごいです。
ファッション像を戦場カメラマンとは!
やっぱり言葉の魔術師だわ~(←何か古い言い方(^^;)
なるほど~と感心してしまいます。
自分はどうなんだろう?
ゆっくり考えてみます(^^)

  • 2015/04/17 (Fri) 08:14
  • 花緒 #-
  • URL

服との距離、おもしろい!

制服っていうのは考えなくて良い分、スゴイ楽なんですけどね
面白みがないというか、変化がないわけで

クジャクの羽根のような方もたまに見かけるけど
あれは見せるための服?それとも自己満足?

そろそろ衣替えの時期なので持ってるもの見直そうと思ってたとこでした

  • 2015/04/17 (Fri) 08:56
  • MJ #-
  • URL

服と自分の関係をこんなふうに考えたことなかったです!
戦場カメラマンですか、カッコイイ!!
改めて私にとって服ってなんだろう??って考えてみると...
服で自分らしさを表していると思うし
私というキャラクターを作る上で不可欠なもの。
「服が遊び場」「服がカンバス」というのが近いかなぁ...
ハイブランドの服を着るときは「服が鎧」にもなります。

他人からどう見られるかより、自分が着ていて愉しければいいと思いますが、カリーナさんと違うところは常に服を着ている自分というのを意識してしまいます。
これが無意識になったら格好良くなれるのかな〜??(^◇^;)

  • 2015/04/17 (Fri) 09:48
  • Tomi* #w7E8CPEA
  • URL

こんにちわ!
「ザクッと着ていて 自分以外のものに 夢中な感じ」
ああ、わかります。わかります。
私もそういう雰囲気になってるといいな〜とおもいます。
そして、カメラマンの岩合光昭さんの服の着方(「ファッション」と表現するのは違うような気がする、、)、とても好きです。

私は男性ファッション誌のNYやパリの街の男性のスナップが好きなんですが、くったりとしたツイードのジャケットやセーターを無造作に着てる感じが、なかなか日本人は真似出来ませんね〜。
ああ、あの人なんだか素敵だな〜という格好をしているけど
本人は、本や音楽のほうに興味があるよ、、っていう距離感が理想です。

  • 2015/04/17 (Fri) 17:39
  • アメちゃん #-
  • URL

carinaさま、またまたノックアウト!

齢重ねて、若き時代とは異なる時の過ごし方、たとえば仕事があるとかないとか、子どもの学校のお付き合いがあるとか、ないとか、或いはお付き合いの幅(私の場合、先細った)で、TPOさらには、その折々の自分にあった洋服を探すのが本当に難しいのです。私は生活臭ぷんぷんです。

勘違いの頑張っちゃってる系も洋服に自分を乗っ取られてしまうし、情報系テレビ番組の「旬の流行り」をいきなり取り入れても「痛いおばちゃん」になっちゃうし・・・。
息子に「追い越した時、何だ!おばちゃんじゃねえかよ!」って若作りはみっともないと、言われているし・・・。

メリルストリープが正直に年齢を重ねて、先日wowowで見た映画「8月の家族たち august」では、「女性が老いることは醜くなること!」みたいに断言していたセリフ、妙にうなづいてしまいました。醜いことも悪くないかも。メリルストリープ、カッコ良いもん。

戦場カメラマン、私にとっては、あの渡辺陽一さんです。私服は想像できないほど彼を体現していますね。

  • 2015/04/17 (Fri) 18:24
  • nook #-
  • URL
参りました!

初めまして!
いつもヒッソリ読ませて頂いてましたが、初コメです

いやぁビックリしました!

まさに心の声を代弁して下さっている‼︎

本当にその通りすぎて、取れそうな程首を縦に振りました(笑)

カリーナさんのブログを通じて予約させて頂いた
ヨウコさんに、こていれしてもらいに
今、まさに向かう前のカフェで
この記事を読んでます!

きゃー(≧∇≦)
さらにワクワクしてきました

さぁ新しい自分に会えるか⁈


服との距離感て考えたことなかった。皆さんと違う意味でびっくりしました。
似合う物の中から、でも人にどう見られるか常に考えてます。自分のためのお洒落ってあまりしたことなくて、これからは居心地の良さを少し優先してもいいんじゃないかって思いました。
鎧といえば、若い頃はスーツが鎧、帰宅するとパジャマで普段着を持っていないという極端な状態だったのを思い出しました。
これは常に緊張↔緩和を繰り返してたんだな、頑張って健気だったな~。少しは自分に優しくしてあげようって思います。

  • 2015/04/26 (Sun) 12:26
  • 笑也 #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する