姉に学ぶ。「気のり薄」な肯定は、ガサツに扱うべからず。


しばしば、このブログに登場している姉は、
わたしより12歳上で、
長崎でひとり暮らしをしています。


サークル活動に忙しく
毎日、楽しそうにしているんですが、
食べることにびっくりするほど
興味がないんですよね。


カラダにいいとされるもの、
たとえば、納豆とか、ヨーグルトとか、
繊維質のものとか、
そういうものは熱心に食べるんですけど、
(特に納豆。何はともあれ納豆!
それにいまは、ココナッツオイルが加わっている模様)


お菓子も食べず、
お酒も飲まないから、
忙しくなると
体重が減って
パワーが出なくなる。


そういうことを電話で嘆きます。
(以下、そのまんまの長崎弁にて)


わたし:「姉ちゃん、やっぱ、タンパク質よ!肉ば、食べんば!」
姉:「そうかね。確かに少なかね」
わたし:「少なか、少なか。おやつも食べんやろ~」
姉:「うん。あんまり好かんとさね~」
わたし:「量、食べるわけじゃなかけん、たまには、上等の牛肉ば買ってきて
ササっと焼いて食べたら?おいしかよ~!」
姉:「うん、そうしようかな」(←ここら辺でテンション下がりはじめる)
わたし:「やっぱり、年取ったらお肉らしかよ。
どうしてもタンパク質が少なくなるけん」
姉:「うん、食べる、食べる」(←ものすごく気乗り薄な低テンション)



自分からこの話題を持ち出すわりに、
なぜに、途中から逃げ腰になるのかね??
と思っていました。


どっちかっていうと
やせている自分が好き、
っていうのも多少はあるでしょうね~。


それから、もうひとつは、
だれしも「あれをしろ、これをしろ」と言われるのは、
「うんうん」と従うしかないから、
会話として退屈でウザいということ。
まあ、これもありますね。


もうひとつ。
これは、最近、ようやく気づいたんですけど、
姉には、


料理をしていないことへの引け目


があるようなのですよ。どうやら。


そんなこと、どっちでもいいと思うんですけどね。
いまの時代、惣菜でいいじゃないですか。
何でも売ってるんだもん。
作りたい人は作ればいいし、
作りたくない人は、買ってくればいい。
ノープロブレム。
・・・と思うんですが、


「肉を焼いて食べたら?」というように
話のベクトルがわずかに自炊フィールドに向かうと
「料理していない引け目」が発動する模様。


サークルのお友だちに
料理好きな人もいるんでしょうね。
そして、そのほうが素敵だって
うちの姉ちゃんも思っているんでしょうね~。
心のどこかで。


「引け目」って
ほんとに、他人(姉妹でも)から見ると
「あら、そんなところに感じていたの!?」って
いうことが多いですね。


わたしもそうですが、
みんな、どこかしらに「引け目」を持っていて
話がその周辺におよぶと
ふっと「気乗りしない」風になる。
「気乗り薄な肯定」をしておいて
話題の収束を図る。


なんていうのかなあ。


「気乗りしない肯定」は、
これ以上、押しちゃダメのサイン?
とりあえずは、ガサツに扱わないほうがいいっぽい。



たとえ、姉でも。






フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。

★食器が好きな方はぜひご覧ください。熊本の器屋さんが書いています。
習慣にしたい愛らしいものたち

【関連記事】ここにも姉ちゃん、登場してます♪
座席を譲る、というビミョーな問題。

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ
関連記事

スポンサーリンク



コメント

こんばんわ。

お姉さまにシンパシー感じます。わたし。
以前、友人と食べることについて話していて
「なぁ。食べる楽しみってない???」
と友人にいわれて
ああ、私、食べることが楽しみではないな〜と
目からウロコでした。
どこかに出掛けたら、あれ食べたいわ〜とか興味ないです。

かといって、夕飯はお菓子でもいい、とか
はたまた、健康オタクでもないんですが
私が毎日食べてるものは、友人から
「お坊さんの精進料理みたい」と言われます。
お肉食べないし、お酒も飲まない(飲めない)し。。。

あと。
回りから「ああしたら?こうしたら?」って
いろいろ言われるのも、ちょっと苦手です、、。
お姉さまと私、ちょっと似てますね。

  • 2015/04/28 (Tue) 19:39
  • アメちゃん #-
  • URL
タイムリーなので

いつも楽しく拝見しています。
今回の話、私的にタイムリーだったのでコメントします。

友達ならそこまであれこれ言わないですよね、多分。
つい姉妹だから沢山アドバイスしちゃう、みたいな。
おせっかいというか何というか。
(あ、私も言ってしまう側です。よかれと思って、つい)

そんな話を先日友人にしたら、
「それはあなたに余力があるからだ」と言われました。
他人にあれこれ言えるのは、自分に余裕があるからだ、と。
だから偉そうなことを妹に言ってしまうんだ、と。
(私が姉なんです。妹についアドバイスしちゃうんです)
今までその視点(余裕の有無)は無くて、言われてビックリでした。
そしてなるほどなーと。そうかもしれないと。
でも心配な気持ちもあるし、良い情報なら知らせたいし、と
ちょっと悶々としてたところです。

話がズレたかも。すみません。
でもカリーナさんの思い よくわかるんです。
しつこく言わない。相手の様子次第ですぐ引く、みたいなのが
大事なのかなーと。

  • 2015/04/29 (Wed) 10:29
  • aki #AYRMQa7Y
  • URL

★アメちゃんさん
おお、そうなんですね!
いまは。テレビもお店紹介や食べ物紹介が多くて
「食べることがみんな好き」みたいになっているけど
そんな人ばかりじゃないですよね。
うちの姉は、アメちゃんさんと違って惣菜派です!
しかも、相変らずお風呂のドアは壊れてます(笑
似てなさそうでしょ(笑)

★aki さん
コメントありがとうございます!
いつも読んでくださっているなんて光栄です。
なるほど、余裕ですか!?
そうかあ~!新しい視点をいただいた気持ちです。
「相手の様子次第ですぐ引く」…ほんとにこれが大事ですよね~。
そのあたりに敏感でありたいです。

  • 2015/05/12 (Tue) 23:42
  • カリーナ #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する