親子も夫婦も師弟も…すべての関係は「友情」にいたる!?


ライムスターの宇多丸さんが、
たしか、映画「ゴーン・ガール」について
語っていたときだと思うんですが、


夫婦で育てていくべき感情があるとすれば、
それは、友情なんじゃないか。



というようなことを言っていて
「ああ、なるほどなあ!」と思いました。


たしかに、仲のいい夫婦は、
お互いが、お互いの「最高の友」なんじゃないでしょうか。
「まあ、いろいろ不満もあるけど、
この友がいれば、あとはいいや」とさえ思えるような
そんな存在としての夫であり、妻。
理想的ですよね。


で、ハタ!と思ったのですよ。


もしかしたら、ほかの関係も、そうじゃないか?!


と。


たとえば、兄弟姉妹。


思えば、わたしと姉は、
もともとはあんまり気の合う姉妹ではなかったんですが、
仲たがいの危機を何度か乗り越え、
親のことをあれこれ話し合ったりするなかで、
少しずつ少しずつ互いを配慮するようになり、
適度に思いやるようになり、
適度に干渉しないようになり、
最近のそれは、「友情」に近いような気がしないでもない。


そんなことを考えていると、
あれ?仕事上の人間関係にもそんな面がないかなと思いました。


上司と部下だったり、
お客さんと担当者だったりと、
まあ、いろいろあるでしょうが、
好むと好まざるとにかかわらず、
山を越え、谷を越えている間に
共通の体験も増えてしまって
なんとなく役割を超えた感情が育っているってことありませんか。


言葉にすれば、
「友情」に近いなにか。
友だち関係では作れなかった種類の友情、みたいな。


親子も、嫁姑も、
師弟なんかも、
そうじゃないかな。


最初に出会ったときの関係が
時間とともに、
よい方向に変わっていくことがあるとしたら、
そこには「友情」に似た感情が混じっている。



焦らず、急がず何とはなしに芽生えていた敬意。
いつの間にか生まれていた対等性。
いいときも、悪いときも仕方なく重ねてきた共通の経験と思い出。


逆に言うと
友、という字がついているけど
友情は、友だちとしか育めないものじゃない、ってことか。


乗り物に乗っているときなんかに
「友情みたいなもの」に心が満たされていたら、
なんだか、とても幸せですよねー。
生きているってすばらしいなあ、って思う。






フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。

★ウェブマガジン「どうする?Over40」も
面白い記事がたくさん。お盆休みにどうぞ♪→

【関連記事】すぐに好きにならなくても、友情は育つんですよねー。
ママ友に思う。「好き嫌い」については優柔不断でいい。

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

関連記事

スポンサーリンク



コメント

カリーナさんが お姉様と本当は気が合わなかった…って驚きでした。私も妹と昔から合わなくて悩みの種でしたが…(妹は独身です。だから互いにどうしても温度差ができてしまうのかもしれません)、時がたてば関係性も変わるかもしれませんね。
夫とは、子供がいるから成り立っている関係かなァ。二人きりになったら、それはそれでなんとかやっていけるのかな。幸い私と母、私と娘とは 友だち・きょうだいみたいな関係です。とっても気が楽です。
相性ってあるんですね。

  • 2015/08/11 (Tue) 03:27
  • ローズマリー #-
  • URL

すごくそう思います!
親子や兄弟姉妹みたいな無条件の関係は、無条件の愛という長所もあるけど役割が終わると変化したり消えたりしてしまうかも知れませんけど、もっと個人的な、人として気が合うとか魅力があるといった審査を経た友人としての価値もあれば最強ですね。でも夫婦は当たり前では?人として好きな人だから結婚するわけで。
私は母親も妹も、一晩中話せるくらい気が合うし、テレビゲームという共通の趣味もあり、あからさまに友達でもあります‼
父とも読者仲間です。
夫は当然、無二の親友で、話が弾みすぎて寝る前とか話し足りないですよ。こないだカンボジアに旅行したとき撮影したホームビデオを見ていて、私達は楽しそうだなあと改めて思いました。

  • 2015/08/11 (Tue) 14:03
  • まる #-
  • URL

本当にそうですよねー

私も長らく販売の仕事に携わってますが、お得意様との関係が
友情に近い感じになるんですよね。

「あなたから買いたい」とか
「がんばってるねー」って、時には差し入れを頂いたり
利害関係だけではない何かを感じる時、幸せですね〜

ジムでの馴染みのインストラクターさんも、もう友情つながり‥かな?

生徒数が少ないと、そのクラスがなくなりそうなので
「私はずっと続けるからね!」って笑って声をかけたら
笑い返してくれました。

旦那さんとはですねぇ
もう「いたわりあい」ですかね‥

  • 2015/08/11 (Tue) 16:33
  • kireidokoro #-
  • URL
いいですねえ

あー、ほんとにその通りですね!
身近な離婚したカップル数組を私なりに考察しますと、やはり友情成分が希薄だった気がします。
友情成分が濃いカップルは、会話もぽんぽん弾んで楽しそう。

田辺聖子さんのエッセイを読むと、亡くなっただんなさん(カモカのおっちゃん)と、ものすごく会話してはりますよね。
中年期から熟年期にかけて、夫婦はこうありたいなあって思います。

昔は、年を重ねても恋愛成分が高めのカップル(中村雅俊ご夫妻とか?)が素敵だと感じていましたが・・・。

  • 2015/08/12 (Wed) 07:50
  • にこりん #-
  • URL
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2015/08/16 (Sun) 01:12
  • #
我が夫婦は同志かな~

24時間365日一緒な自営業の我が家(笑)

同じ敵に向かっていく同志って感じです。
「今日はよく戦ってたねぇ」とか「しかし、なかなかに手強い相手ですな」
な感じが晩御飯の会話です。

結構当初はまあ大変でしたが、行動が丸見えなんですもの。お互い…。

子育ても近所づきあいもそんな感じでやり過ごしてきた感じです。

どちらかが傷ついてたら慰めたり、手当てしたり。
どこの戦場で戦ってるんだか(笑)

  • 2015/08/17 (Mon) 15:50
  • 権太 #mQop/nM.
  • URL

うちの旦那も同じ年で会社が同期入社なので
同級生、同志、そして大親友って感じです

夫としてはどうか・・・って時期もあり
オレ様キャラだったのですが初の単身赴任のおかげで
かなりまるくなったと子供たちとも評価しています

なんだろう、
つきあったきっかけも趣味がドンピシャ!だったからかな
こんなにも好みが合う人がいるんだ~と思いましたもん
価値観とかも一緒だし、これも大事なことですよね

家族はみんな仲良し!友達家族です
3人でNY行ったときに
ダンナのアパートのドアマンに
「Nice family!」って言われて超嬉しかったです!

  • 2015/08/26 (Wed) 20:48
  • MJ #-
  • URL

皆さん 結構 友達夫婦多くてびっくり! 羨ましいです。
うちは会話ないからなぁ…。旅行なら娘と行った方が楽しいと思う。
将来ペットでも飼うか、と思っています(悲し)。

  • 2015/08/27 (Thu) 00:12
  • ローズマリー #-
  • URL
コメント、ありがとうございます!

★ローズマリーさん
コメントありがとうございます。
姉とは、根本的にはあんまり合わないような気がします(笑)
でも、「私だったら、そういうことはしない!」というようなことも含めて
彼女の魅力だと思うんですよねえ。
血縁の家族って「最初から関係することが強制された異邦人」なのかもしれません。
人間関係を作るうえで最高最大のトレーニングなんじゃないかなあと
最近、思うようになりました(笑)

★まるさん
仲のいいご家族の様子が目に浮かぶようです。
でもそれもきっとまるさんはじめ
お一人お一人が「努力とも感じない努力」をされているのかも。
ハッピーであるために。
ハッピーでいようとする力は家族のなかに伝搬しますもんねえ。
何気ない日常を楽しくするかけがえのない力だと思います。

★kireidokoroさん
お客様との友情ってなんてすばらしい。
Kireidokoroさんが日々、誠実に育んできた関係ですよね。
「友情は細部に宿る」と思います。
努力次第でどんな関係の
どんな細部にも宿らせられる。
すばらしい感情ですよね。
「いたわりあい」・・・それもまたよし!!(笑)

★にこりんさん
おおお、確かに。
恋愛成分多めの夫婦であることを求めるか、
友情成分多めの夫婦であことを求めるか。
それは年齢によっても、個人によっても、
変わってきますよね!
田辺聖子さんとカモカのおっちゃん!!
わたし、エッセイをちゃんと読んだことないです。
読まねば!

★秘密コメントのYさん
そういうこともありますよねー。Yさん、今ぐらいの年齢が一番、しんどいときかもしれません。「家族(夫婦含む)」と友情関係を育むには、たぶん、少し「気持ちを相手から離す」ことが大事なのかもしれません。でも、愛してると、それ、ごちゃごちゃになって難しいですよね。

★権太さん
おおお、同志なんですね。素敵ですね!
食事のときの会話、なんだか、
同じ部活に励む友達同士みたいでとっても楽しそうです!
昔の家族は「生産」も一緒にしていることが多かったから、
同志感覚があったかもしれないですねー。
同志成分を育むのも、とても大切なことかもしれません。

★MJさん
おおお、NYでそんな風に言われたの?
きっと本当に「いいなあ」って思ったんでしょうねー。
最高の褒め言葉じゃないですか!!
旦那さんも、子どもさんたちも、
遠く離れたことでお互いのすばらしさ、大切がわかったんだろうなあ。

★再びローズマリーさん
大丈夫!私がいる!
そんなに理想の関係じゃないですよー(笑)
しかし、ペットはいいと思う!

  • 2015/09/03 (Thu) 16:36
  • カリーナ #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する