肉親はすべて生きている限りわずらわしい、という真実と価値。


2~30代向けの「家仕事」に関するムック本には、
70歳前後の女性たちが登場して
「モノを厳選した暮らし方」を披露していました。
(お二人ともメガネ&白髪ショート&編集者)


若い女性読者にとっては、
母親かそれ以上の年の先輩女性たちが指南してくれる
「足ることを知って生まれる豊かな暮らし」。


モノがあふれている実家と比べ、
そこで段取り悪く暮らすグチの多い母親と比べ、
ため息をつく人もいるかもしれませんね。


わたしもそうだったけど
30代になると
「肉親のわずらわしさ」や
「『贈り物』という名の不用品のわずらわしさ」、
「日々の単調さと雑多さというわずらわしさ」を、
いやというほど痛感するようになりますもん。


だからこそ、
雑誌に紹介される「すっきりと美しい暮らし」は
憧れをかきたてるのです。


でも、わたしは、50代になったから、
もう大人だから、
そんなに簡単には
雑誌のなかの人には憧れないぞ。
ちょっとは憧れるけど、でも、
全面的には憧れないくらいに成長したよ。


なんでかな、
なんで憧れないのかな、
と考えたら理由がわかりました。


すべての肉親は、わずらわしい。


とわかったからです。


肉親はすべて
生きている限り、わずらわしい。



肉親だけじゃない。
他人の好意にも
日々の繰り返しにも
すべてに「わずらわしさ」が宿っている。


生きている間はつねに
わずらわしいのです!



死んだら、わずらわしくないよ。
そのどれとも、
もう、会えないし。
なにも言ってこないし。


自分とつきあうのだって
わずらわしいといえば、わずらわしい。


このわたしの怠惰さと勤勉さ、
他人の親愛と勝手さ、
日々の爽快さとかったるさ、
そういったものが混然と、
あるところには放置され、
あるところには積み重なり…。


そのままにしておけば雑然と無秩序になる日々を生きながら、
そのなかで力技のようにして
「快適さ」を成立させている住空間。
そういうのが好きだ。
現実と美意識のせめぎあいに
その人らしさを見て
「ああ。いいなあ!」と思う。
(住空間を見る妙味!)


生活という「雑多」を
今はやりの断捨離だけでなく
「なだめすかし」や「妥協」という方法も動員して
なんとかかろうじて「快適さ」のほうにもっていく。


その手腕を身につけて磨いて、
日々のあらゆる雑多をいつくしみ、なだめすかし、
細かいことに目くじら立てず、
しかし、譲らぬところは譲らず生きていきたい。


あ。だとすれば、
ムック本に登場しているお二人の女性は、
「出家している」とも考えられますね。
だから、厳しく美しい。





フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。

★ウェブマガジン「どうする?Over40」、今日はこちらにも書いています→新連載「なんかすごい。」、はらぷさんをご紹介します。

【関連記事】これも、年の功。役立ちます(笑)
「面倒くさ度」を計れるのって、「おばさん力」の極致かも。

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

関連記事

スポンサーリンク



コメント

距離感

それは、人との距離感が近すぎるんだと思います。うちの両親は、鬱陶しく無いです。人と人というのは、親子でもどんな関係でも本当には分かり合えない存在だ、だからせめて優しくし合おうという距離感が子供の頃からありました。湯気たてて怒ったり、喧嘩したりということも一度も無い、私が悪いことをしても、なんていうか、ふーんそんなことしちゃうんだ、趣味悪いわね私はしないわという感じでした。
寂しいと言えば寂しいけど、大人になってから快適になりました。
だから、今も母の魅力を味わうために積極的に会いに帰る感じです。
ストイックにそぎおとしてはいないけど、快適に暮らしてますよ、両親。私の方は、ほっとくと不便なまま美意識なく暮らしてしまうタイプですが、多分私の方が情には厚いんです。

  • 2015/09/15 (Tue) 12:59
  • まる #-
  • URL
わずらわしく、面倒くさい

ああ、まさにまさに…と思いました。肉親も、他人の好意も、喜びと同時にわずらわしさ、面倒くささもくっついてる。そういう諸々を自分に引き受けて生きていくのが大人なのかな、と思います。若い時は、(実際には出来ないけど)そういうのを避けて一人で生きていきたいと思ったりもしました。今も、出家みたいな孤高の生き方に憧れが消えたわけではない…けれど、諸々引き受けて生きるのがこの世かな~と思うようになりました。私は実家との関係が良くないので、避けたい気持ちも強いんですけどね。逃げ切りは出来ないだろうなと思ってます。

厳選されたモノだけのスッキリシンプル快適な暮らしは、せめて住空間だけでも、という面もあるかもしれませんね。私はそれもできず、机の上も何やら山積みになっています(笑)

  • 2015/09/15 (Tue) 15:22
  • flowerkinoko #aYDccP8M
  • URL
ありがとうございました

いつも楽しみに拝見しています。
肉親はわずらわしいものだよ、と言ってもらえて肩の荷がおりた気分です。
親も兄弟も愛する相手ではありますが、盆暮れに集合するのが
超ストレスだった私。自分だけなのかな、どうしたらいいのかな、自分がひねくれているのかな、などなど、モヤモヤしておりました。
そういうものなんだと思ったとたん、今しか味わえない期間限定のモヤモヤが大切に思えてきます。50代になってようやくこんな心境になれました。

  • 2015/09/17 (Thu) 07:02
  • めー #-
  • URL

いや身につまされる内容でした

あたしも実の母親とどうもうまくいってなくて・・・
なんかうちの家族の節目、節目にどんどんマイナスポイントが
加算されてってんですよね。。。

結婚、妊娠、出産、転勤、引っ越しetc
こういうときのうちの母親の存在は脅威になってしまってます

車で30分くらいのとこに住んでますが会うのは年に1-2回
最近の口癖は
「死ぬまでに10回も会えないと思うよ」って・・・

現在77歳なんですが別に大病を患ってるわけではなく
会う回数が少ないからこんな言葉を発してると思うんだけど
これがまた重い・・・

孝行したいときに親はなし
なんていいますし
そうなったらもっと会っておけば良かったなって思うのは
間違いないと思うんだけど
なかなか素直になれない自分がいます・・

  • 2015/09/19 (Sat) 12:23
  • MJ #-
  • URL
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2015/10/07 (Wed) 00:42
  • #
コメント、ありがとうございます!

★まるさん
なるほど~。家庭はそれぞれですねえ。
わたしの実家は、私と父がまだましなほうで
母と姉はすごくカッカするタイプでした。
よくケンカもしていましたよー。
まるさんのコメントを拝見して
わたしも元気なころの母にもう一度会いたくなりました~。

★flowerkinokoさん
お久しぶりです!コメントありがとうございます。
わたしのちょっとわかりにくい記事の文章を
Flowerkinokoさんにわかりやすく
心に響くように訳していただいたような気分です。
そうなんですよねー。いつも、面倒くささやわずらわしさがついてくる。
それって「生き物全般」かもしれませんね!(笑)
「逃げ切りはできない」というところからも
ほどよい覚悟のようなものが伝わってきます。

★めーさん
そんなふうに言っていただいて
こちらこそ、ホッとしましたー!
ありがとうございます。
みんなが集まるときの、わずらわしさ、
自分の演技している感じ・・・なんとも言えませんよね(笑)
はみ出してはいけない枠、がありますもんね。
そこは、自分のテリトリーではなくなっているのもあるかもしれませんね。

★MJさん
おお、そうなんですか。
私の母は92歳になりましたが、
MJさんのお母様は、まだまだお若いんですね!
脅威というのは、干渉されるということですか。
母と娘ってなかなか難しい面もありますねー。
話を聞くぐらいしかできませんが、
何か憂うつなことがあったら、
メールやコメントでぶつけてください。

★秘密コメントのRさん
いつも読んでくださってありがとうございます!
義母は四国に住んでおり、
子どものうち私の夫だけが関西にいて
残りの子どもは近くに住んでいるため、
ほんとに呑気に接しているんです。
Rさんは、お近くに住んでいらっしゃるんですか。
あまりお役に立つことがいえなくて申し訳ないです。
また、秘密コメントなどでよければ、
思ってらっしゃることをぶつけてください。

  • 2015/10/09 (Fri) 18:23
  • カリーナ #-
  • URL
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2015/10/17 (Sat) 16:55
  • #

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する